住宅・不動産

ウィルホーム

WILLHOME

WILLHOME

024-563-3178

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

家づくりアドバイザー 菅野の「お金と土地の大事なはなし」

家をつくる方もまだの方も。知っておいてほしい話です。

家づくりアドバイザー 菅野純一

こんにちは!

WillHomeの家づくりアドバイザー、
菅野 純一(すげの じゅんいち)です。

………

あなたにとって最良の家づくりのためには、お金や土地についてもちょっとした知識が必要になってきます。

WillHomeでは、
みなさまのために無料で受講いただける資金計画セミナーを開催しております。

ここでは、セミナーでお話ししている内容をちょっとだけご紹介します。
もっと勉強したいという方は、ぜひセミナーに参加してみてくださいね。

お金のはなし

家づくりの一番大事なポイントって?
もう皆さんご存知かもしれませんし、なんとなく頭の中で考えてるとは思うんですが、、、“資金計画”が家づくりの最大のポイントですよね? 3,000万、4,000万のローンを組まれる皆さんなら、当然と言われるかもしれません。 ただ、ここで疑問なのがその資金計画をみなさんどうやって行ってるか?とお伺いさせていただくと、 「今の家賃が7万円だから7万円で組めるローンで!」 「今家賃が5万、積み立てが3万だから月々8万で!」 など、今月々で払える金額でローンの借入額を決めている方が正直ほとんどです!! 今の家賃、支払いと変わらないんだから一見問題のないように見えますが実はこれが家を建てて大失敗する要因だと思ってください。

安易な返済計画の恐ろしさ
なんで!?と思う方がほとんどだと思うので簡潔に今月々で払える返済計画の恐ろしさを書いていきますね。 【火災保険、固定資産税、諸経費などの支払いも月々返済の資金計画に入っているのか?】 火災保険は10年に一度30万~80万の支払いがあります。その他固定資産税の支払いも毎年控えてるので、その費用も貯蓄しなければいけませんよね?月換算すると月15000円くらいローンとは別に貯蓄に回さないといけません。 【収入に見合ったマイホームになったのか?】 もちろん借りすぎはそもそもなのですが、本当はもっと借りられてもっと要望がたくさん入った夢のマイホームになったかもしれなかったのかと言うことです。 床暖を入れたかったけど、入れられなかった。結局あとで工事をして高上りにもなってしまった。 (意外にも建てて失敗したケースの中で「もっと工事しとけばよかった」との声が多いです」 【住宅営業マンに数字のマジックを掛けられないか?】 住宅の金利は様々です。3000万円を月々10万に見せることも8万円に見せることもできますが、3年後に8万円から9万円の支払いになり大変なことになってしまいます。

じゃあ、どう考える?
以上のことから僕は月々返済での資金計画は絶対におすすめしておりません。 現状、16世帯中1世帯が自己破産してる日本。 皆さんがその当事者になってしまうのは大変なことです。 じゃあどうすれば良いのか。 ひとつだけ方法があります。 それは「ライフプラン」を建ててその資金計画から逆算していくら借りても良いかを捻出する。という方法です。 詳しくは長くなるので割愛しますが、月に一回ほど資金についての無料勉強会を開催してますので、そちらに参加してみることをおすすめしております! また、個別にもご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください!

土地のはなし

土地さがしは難しい?
皆さん土地探しはどのように行っておりますか? 不動産めぐりですか?...ふむふむ 知り合いの使ってない畑ですか?...ほーほー 自分で見つけて交渉しますか!?...スゲー!!! とまあ。家づくりのスタートは「土地探し」ですよね? なのでほとんどの方が上記の探し方をまずしてると思います。 ですが正直に申し上げますと…このようになんとなく探してる方達はほとんど見つからないでしょう。 現状の福島市、土地を現在探してる方はお分かりでしょうが、土地探し少し難しくなってませんか? 「お客さんの希望の土地はないですよ」 不動産や担当営業マンにもこんなこと言われているのではないでしょうか?? でもほんとに今土地ってないんでしょうかね?どうおもいますか?? 私の意見にはなりますが、実際土地はたくさんありますよ!!! え!?って思うかも知れませんが、私達には日々新しい土地が送られてきます!! じゃあ何で世間では土地がないといわれているんでしょうかね?

“妥協ポイント”が重要
結論から申し上げますと、それは土地の「妥協ポイント」をしっかりと絞れてないからです! 一生に一度の買い物でずっとそこに住むかも知れない土地選びなので、もちろん誰だって妥協したくないのは当然です!! 「ここはスーパー近くて形がいいね!でも高いからパス!」 「値段は予算どうりだけど近くにコンビニが無いんじゃねー・・次行きましょう」 なんて土地探しを今してる方は、提案された土地に一度はそう思ったんではないでしょうか?? でもしっかりと今の妥協点と見つめ合うことで、希望の土地って見つかるはずです。 価格が高いようであれば、土地、建物、諸経費を見直して土地にかける予算を上げたり、コンビニが近くに無くても、それよりコストパフォーマンスが良いスーパーが近くにあったりと、意外と土地の環境や資金計画を見直すと「希望の土地」になると私は思います。 もちろん土地はバーゲンセールと同じなので、運と決断力は必要ですが、このような考えを前提に土地探しをした方が効率は断然違います! いいパートナー(住宅営業マン)を探して土地を探すのもひとつの方法だと思います。

続・土地のはなし

どうすればよい土地が見つかる?
ちなみに 皆様の中にはこんな探し方をしている方は多いのではないでしょうか?? ・不動産屋さんに希望の地域や金額だけを伝えた ・営業されるのがコワいからあまり個人情報を伝えたくない ・予算を決めずに探してる もっとあると思いますがこのぐらいにしておきます。 さあ、どうでしょうか?この探し方で良い土地が見つかると思いますか?
この探し方では失敗してしまうかも…
現状この探し方をしている方達には本当に申し訳ないのですが・・・ 正直見つかりません または失敗してませんか!? 厳しいようですが、なぜそうなるかひとつひとつご説明いたしますね ・不動産屋さんに希望の地域や金額だけを伝えた ・営業されるのがコワいからあまり個人情報を伝えたくない この2つに当てはまった方、一見普通の探し方だと思いますが実はこれ、 お客様が“いつ”土地を買うかという重要なポイントが抜けてるんです。
たとえ話から考えてみましょう
例えば、皆さんが一点物の洋服ショップの店員だとしましょう。 最近入荷した新作の洋服に二人のお客様が気に入りました。仮にAさんとBさんだとして Aさん「この服欲しいけど今お金持ってきてないからまたその内気が向いたら買うわ。だから取っといてね」 Bさん「この服欲しいけど今お金もってきてないから明日お昼に買いにきます!取置きできますか?」 これであなたはどちらを選びますでしょうか? もうこれは迷わずBさんを選びますよね? 当たり前のようですが、実はこれ土地探しではかなりありえるお話しなんです! いつ買うか分からない人の為に取置きなんてしたくありませんよね? これを土地だと思っていただけるとわかりやすいと思います。 いつ買うか分からない人の為に不動産屋さんも土地の取置きや紹介なんてしてくれません! いいモノはすぐ売りたい!それは土地を扱う物にとっても同じです。 ですので、土地を探す場合はしっかりと購入時期を伝えましょう
正解の伝え方は?
例 「このエリアでこの価格でこの条件の土地を3ヶ月以内で購入したいです」 と、しっかりとお伝えしましょうね もちろん土地もさっきの洋服ショップでも Cさん「今すぐこの服(土地)買います」 こんな人もいるので注意してくださいね 笑
こんなケースも要注意!
・予算を決めずに探してる この方、要注意です。予算を決めてないない方は建物のことを考えずに買ってしまうか 不動産屋さんに上手く乗せられて買ってしまうかのどちらかになります。 前者の場合ですと、土地は良い土地でも総予算がオーバーしてしまった分の幅寄せは建物に 来てしまいますよね? 後者の場合ですと不動産屋さんは建物のことは考えてはおりません。 売りたい在庫を適当に買わされてしまう可能性が高いです。 どちらも満足のいくマイホーム創りだとは思いませんよね? 事実、この購入方の方はほとんど失敗したと嘆いてる方が非常に多いです。 概算でもいいのでしっかりと土地の予算はここまで!と決めておきましょう。 ただそれだけだと予算の漏れが発生する場合もあるので、出来ればプロの住宅営業マンと 一緒に予算取りをしてから土地を探すのがオススメです!

おすすめのクチコミ  (現在おすすめのクチコミは投稿されていません)

投稿募集中です

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット