暮らしの役立ち情報

ジェイエイゼンノウフクシマ

JA全農福島

JA全農福島

024-554-3201

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、営業時間・店休日など変更となっている場合がございます。

牛豊八山田店リニューアルオープンです!

牛豊

牛豊八山田店リニューアルオープンです!

令和3年3月6日(土)全農福島直営「福島牛焼肉 牛豊八山田店」がリニューアルオープンしました。
店内はBOX席の約半分を最大18名様でご利用いただけるテーブル席に変更し、席の間は取り外し可能な間仕切りを設置しました。
Withコロナでは個室的なご利用で。Afterコロナでは間仕切りを外し、大人数のお客様に和室とテーブル席の2通りからお選びいただけるようになりました。
令和3年3月2日(火)にはプレオープンとして、工事関係者様への感謝状の贈呈と県内メディアの皆様にお披露目を行いました。
3月いっぱいはリニューアルキャンペーンとして、お得な焼き肉の盛り合わせをご提供。さらに、お食事をされたお客様に福島牛のキャラクター「べこ太」をデザインしたマスクケー スをプレゼント。無くなり次第終了となります。
福島県のブランド牛「福島牛」の美味しさを是非この機会に!スタッフ一同ご来店をお待ちしております。

園芸部

しいたけマメ知識 ~超超ミニミニしいたけ!?~
写真のようなとても小さなしいたけを見たことはありますか? おそらく、ほとんどの人はここまで小さなしいたけを見たことがないと思います。 実はこれ、しいたけの「芽」です。 芽はしいたけの初期段階、つまり、しいたけの赤ちゃんです。 大きくて厚みがあり形の良いしいたけをつくるためには、たくさん発生する芽から良い芽を選抜する「芽かき」と呼ばれる作業をする必要があります。これは、野菜や果実でいう摘果のことをさします。 そして、その選抜されたしいたけが成長して、皆さんの食卓に届くわけなのです! いかがでしたか?これを機にしいたけ栽培について興味を持ってくだされば幸いです。 しいたけマメ知識は次回も続くとか続かないとか…

JAふくしま未来 資材研修会
令和3年2月9日(火)JAふくしま未来福島地区北信支店にて「JAふくしま未来 資材研修会」を開催しました。JA営農指導員、経済担当者に園芸資材の基礎知識と商品知識等を理解してもらい、日頃の業務に役立てて頂くことを目的とし、27名の方に出席を頂きました。  内容は座学として基礎研修、商品説明をJA全農福島と系統資材メーカーで行い、グループ討議として3班に分かれ質疑応答や意見交換を実施しました。 参加者からは「生産現場では資材関係の問合せも多いため、非常に勉強になった」「他の機会にもぜひ行って頂きたい」との声を頂きました。

営農企画部

「農福連携マニュアル」が完成しました。
この度、全農福島では農福連携マニュアルを作成しました。 近年、農業者の高齢化に伴う担い手への農地の集積が進み、それに伴い農業の労働力不足が深刻となっております。そのような中、全農福島としても農業労働力を確保するべく「農福連携」に取り組んでおります。 ※「農福連携」とは「農業者」と「福祉事業者」等が一緒になって農作業を行う取り組みであり、農家の労働力不足の解消、福祉事業者利用者の工賃向上、働く人の生きがいづくりに役立つと期待されております。 全農福島は令和元年度より「農福連携」に本格的に取り組み、県授産事業振興会と一緒になって、農福連携の取組スキームを策定し、次年度以降も本取組をさらに広げ、認知度を高めていくべく「農福連携マニュアル」を作成しました。 本冊子では「農福連携」に取り組んだことがない「農業者」「福祉事業者」を対象に、それぞれの分野の概要を説明した上で、「農福連携」を実施するにあたり、「農業者」「福祉事業者」それぞれの立場でどのような準備をすればよいかを簡潔にまとめた冊子です。

PDFもダウンロードできます
本冊子により、「農業者」「福祉事業者」の相互理解が深まり、「農福連携」に興味を持っていただき、「農福連携」に取り組んでいただければ幸いです 本冊子はPDFでもダウンロード可能ですので、「農福連携」にご興味がある方は、 こちらから閲覧・ダウンロードしてください。

消費地販売部

山菜レシピの検討会を実施しました!
まだまだ寒い日が続いておりますが、福島県からは、一足早く春の訪れを感じさせる山菜類の出荷が本格化しています。本年は新型コロナウイルスの影響で、普段たくさんの山菜類を購入いただく旅館や飲食店様からの注文が減少しており、スーパーへの売り込みが強まっています。 皆様はスーパーで山菜を購入したらどうやって召し上がりますか?天ぷらはもちろんおいしいですが、おすすめの食べ方は他にもたくさんありますよ。 2月4日(木)、JA全農福島では、㈱ケイエヌコーポレーション様のご協力により、福島自慢の山菜~ふきのとう、タラの芽、うるい、花・葉わさび~を使用した、皆様にお勧めできるレシピの検討会を行いました。 選定したレシピはリーフレットにして県内外のスーパーや、直売所などで配布しますが、今回は、ページの都合で残念ながらリーフレットに載せられなかったレシピを公開したい と思います。ぜひ、ご自宅でお試しいただいて、ほろ苦い春の味を味わってみてください。

畜産部

和牛甲子園出場牛の販売会
令和3年1月15日に第4回和牛甲子園が東京都中央卸売市場食肉市場で開催されました。福島県代表として会津農林高校と磐城農業高校の2校が出場し、会津農林高校の牛肉は2月6日に会津地区にある「コープ会津」、全8店舗にて販売いたしました。その中でひがし店ではタレントのなすびさんが10時から12時に店頭で販売していただきました。磐城農林高校の牛肉は2月6日、7日の2日間、いわき地区にある「スーパーマルト」中岡店、窪田店、岡小名店、城東店の4店舗にて販売し、その中で中岡店と窪田店では6日の10時30分から12時の間に磐城農業高校生が店頭で販売を行いました。磐城農業高校生の皆さんは「出荷時は悲しかったが、愛情込めて育てた牛を多くの人に食べてもらえてうれしい」と話しました。

管理部

福島ユナイテッドFCへふくしまの米「天のつぶ」を贈呈
J3福島ユナイテッドFCは、令和3年3月14日(日)福島市にある「とうほうみんなのスタジアム」で、藤枝MYFCをホームに迎え、2021シーズン初戦となりました。 全農福島はオフィシャルクラブサポーターとして今シーズンもチームを応援します。 当日は、「時崎監督就任祝」「初戦必勝」「疫病退散」の願いを込め、「振舞い甘酒」で来場者をお迎えしました。 ゲームは「0」対「0」の引き分けで初勝利とはなりませんでした。 ゲーム終了後は当県本部 金成副本部長より、川西キャプテンに「天のつぶ」1トンを贈呈し、シーズンを通してエネルギー源である「炭水化物」で選手の皆さんを応援します。 「天のつぶ」は倒伏しにくい強い品種です。チームの活躍にぴったりな品種を選びました。 今年のスローガンは「ONE UNITED –to next stage!」 頑張れ福島ユナイテッドFC!

おすすめのクチコミ  (1 件)

このお店・スポットの推薦者
ゆまた
ゆまた さん (女性/郡山市/40代/Lv.29) (投稿:2020/10/01  掲載:2020/10/02)
  • ゆまた
    ゆまた さん  (女性/郡山市/40代/Lv.29)

    ふっくんしまちゃん天気予報のメロディがかわいいですね、♪毎日楽しみ、ふくしまの〜♪季節で歌詞が変わりますので、旬がわかりやすいです。JAの直売所はどこも賑わっていて、野菜以外もいろいろ置いてあり、楽しく買い物ができます。県内直売所制覇目指したいですね(笑) (投稿:2020/10/01   掲載:2020/10/02)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット