JA全農福島 肥料農薬部 技術情報だより Vol.5

稲作の高温・低温障害・異常気象対策は「土づくり」から!

  • 更新日:2021/12/28
  • 公開日:2021/05/19
  • お気に入り数:0

ミヤコバンカー(R)
ミヤコカブリダニ剤+天敵保護装置「バンカーシート」

大きいサイズの画像を見る▶

ミヤコバンカー(R)による促成イチゴ(本圃)ハダニ防除

大きいサイズの画像を見る▶

JA山形おきたま管内 ドローンによる除草剤散布試験

大きいサイズの画像を見る▶

農業を支える「土」の健康診断「土壌診断」のご案内

大きいサイズの画像を見る▶

土壌診断であなたの施肥・栽培について見直しませんか?

作物は人間の体と同じく、(土壌中の)養分が多すぎても健康に育ちません。特に、施設栽培作物では養分の流亡がないため、蓄積した養分が過剰となり、近年様々な影響を与えております。適正な施肥設計をするためには、ときに無肥料で栽培することも必要になる場合があります。一度土壌診断を行い、現在の土壌環境について確認をおススメしております。数年前に実施したことがある方も、土壌環境は年々変わりますので再度の土壌診断を考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめトピック一覧へ戻る