食べて楽しむ!赤べこ、だるま、こけし…福島県内の「郷土玩具モチーフお菓子」

赤べこ、こけし、だるま・・・。福島県内の各地には、古くから伝わる郷土玩具がたくさんあります。
今回は、その郷土玩具をモチーフにしたお菓子をピックアップ!県内外の方へ手土産にもオススメですよ。
郷土玩具にまつわるユーザーのクチコミもあわせてチェックしてみてくださいね~!(編集:なな丸)

  • 更新日:2022/10/28
  • 公開日:2022/11/21
  • お気に入り数:0

(赤べこ)みんなに元気をお届け!
【御菓子師 玉嶋屋/二本松市】

▲「赤べこ」・・・300円(税込)

200年以上続く老舗菓子店、玉嶋屋。
創業当時の“薪をくべてあんこを炊く”製法をいまも守り続けて、丁寧にお菓子を作っています。
今回はひときわ可愛らしいお菓子をご紹介!

それがこちらの、赤べこの上生菓子。「コロナ禍で落ち込んでしまった周りやお客様を元気づけたい!」と、2021年から製造・販売を開始しました。
もう、そんなつぶらな瞳で見つめられたら食べられないっ!(大変おいしくいただきました)
ぽってりとした食感と優しい甘味で、一口食べるだけで心をまぁるく優しくしてくれそう。ぜひ味わってみて!

御菓子師 玉嶋屋

住所 〒964-0917 二本松市本町1-88
電話番号 0243-23-2121
営業時間

07:30~18:00

店休日

無休

年に4度ほど不定休

基本情報へ

(三春駒)クセになるもっちり感!
【かんのや/郡山市西田町 他】

▲「焼餅菓子 三春駒」(こしあん/みるくあん)
1個…119円/9個入り箱…1,188円(どちらも税込)

かんのやでは、創業の地・三春町の郷土玩具「三春駒」をお菓子にしていました!

人形焼きに似ていますが、違いは生地。主にもち粉を使用し、さらに生クリームなどを加えているので、しっとりもちもちの食感が魅力です!2022年3月には、創業160年(!)を記念して、パッケージと食感をリニューアル。さらにもちもち感がUPしました!
ほどよい甘味のこしあんと、濃厚なみるくあんの2種類があります。

ちなみに、500Wの電子レンジで5秒程温めると、さらにもちもち感が増すそう!温めすぎると中のあんが熱くなるので、やけどには注意しつつ、ぜひお試しあれ!

かんのや本店文助

住所 〒963-0911 郡山市西田町大田字宮木田39
電話番号 0247-62-2016
営業時間

09:00~17:00

※状況により変更する場合がございます

店休日

無休

基本情報へ

(土湯こけし)きぼっこちゃん印!
【なかや菓子店/福島市土湯】

▲「どらやき」・・・1個 130円(税込)

土湯温泉街の中にあるお菓子屋、なかや菓子店。こちらには、土湯こけしのキャラクター“きぼっこちゃん”印のお菓子があります!

どらやきは、ふわふわの生地が特徴です。味は全部で12種類!定番のつぶあんをはじめ、くるみ、かぼちゃ、いちご、コーヒーなど多彩なラインアップ。どれにしようか迷ってしまいます!
どらやきはすべてバタークリーム入り。塩味がいいアクセントに!

このほか、きぼっこちゃんの温泉まんじゅうもあります。こしあんはアツアツのふかしたてがいただけるので、ぜひ味わって!

なかや菓子店

住所 〒960-2157 福島市土湯温泉町八郎畑2
電話番号 ①:024-595-2104
②:024-595-2547
営業時間

09:00~16:00

店休日

不定休

基本情報へ

(白河だるま)コロンとキュート♡
【白河菓匠 大黒屋/白河市】

▲(左)「ミニだるま最中」1個 94円
(右)「だるま最中」1個 140円
(どちらも税込)
(どちらも税込)

白河市の郷土玩具と言えば“白河だるま”!毎年2月にお祭りもあり、地元の人にとって馴染み深い存在なのではないでしょうか。

大黒屋では、オリジナルのだるま型で作る「白河だるま最中」を50年以上も販売!だるまの背中には“大黒屋”の文字も刻まれています。
サクッふわっ食感の最中の中には、求肥とたっぷりのつぶあん。ほっとするような甘味が広がりますよ。
一回り小さい「ミニだるま最中」も。
さらに2021年からは、最中にキャラメルを入れた「キャラメル最中」を販売。最中を洋風にアレンジした一品ですが、意外にも好相性なんです!
白河を訪れた際のお土産は、だるま最中に決まり!

白河菓匠 大黒屋 新白河店

住所 〒961-8041 西白河郡西郷村豊作東11
電話番号 0248-22-5788
営業時間

09:00~18:00

店休日

火曜日

隔週水曜日

基本情報へ

(起き上がり小法師)最後の仕上げは自分で!
【長門屋本店/会津若松市】

▲「起き上がり最中」
2個入…360円/6個入箱…1,180円(どちらも税込)

会津地方に古くから伝わる郷土玩具“起き上がり小法師”。長門屋では、この起き上がり小法師を忠実に再現したお菓子を販売しています。その名も「起き上がり最中」。お祝い事の贈り物としても人気!

こちら、最中と、最中1個分のあんが小分けの袋に入った状態で販売しています。そう、自分で最中にあんを詰めていただくのです!お子様と一緒に作って食べても楽しめそうですね♪

あんは2種類。和三盆糖を使用したこしあんは、上品で優しい甘味です。“福桃”は福島県産の桃を使用。果汁感たっぷりでフルーティーな味わいです。手軽な2個入はおやつにぴったり!

長門屋 本店

住所 〒965-0865 会津若松市川原町2-10
電話番号 0242-27-1358
営業時間

09:30~17:00

店休日

日曜日

年末年始

基本情報へ

(天神様)CMでもおなじみの看板商品!
【お菓子の蔵 太郎庵/会津若松市 他】

▲「会津の天神さま」(チーズ)…1個 183円
チーズのみ5個入…965円/チーズのみ8個入…1,630円
(いずれも税込)

「天神さまくいっちぃ♪」のCMでもおなじみの、あのお菓子。太郎庵でも堂々1位の人気を誇ります。

こだわりのブッセ生地は、きめ細やかでふんわりとした口当たり。その間には、北海道産フレッシュバターと、食感も楽しいプロセスチーズを加えた特製クリームがサンドされています。
生地の甘味、バターの塩味、チーズの酸味がベストマッチ!香り高い風味と味わいが後を引き、また食べたくなること間違いナシです。

定番チーズのほか、いちご、ブルーベリーなどフレーバーも豊富。いまの時期はチョコ、ラムレーズン、ピーナツバターなどが登場していますよ~!

お菓子の蔵 太郎庵 工場売店

住所 〒969-6515 河沼郡会津坂下町字福原前4108-1
電話番号 0242-83-3267
営業時間

09:00~19:00

店休日

無休

※元日のみ休み

基本情報へ

▼郷土玩具総選挙!ユーザーの人気や郷土玩具について見てみる▼

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る