夏だ!カレーだ!福島県内の、この夏食べたい【カレー特集】

福島県内の王道&個性派なカレーをご紹介します。スパイスの効いたカレーを食べて、パワーチャージしちゃいましょう★(編集:なな丸)

  • 更新日:2020/08/28
  • 公開日:2020/08/07
  • お気に入り数:1

【紙ふくラボ!9月号 vol.107 の掲載内容変更について】

2020年8月17日(月)発行の「紙ふくラボ!Vol.107」でご紹介している「with curry」様につきまして、メニュー価格の変更がございました。 変更後の価格につきましては、本ページ内「with curry」様の ご紹介内容をご覧いただくか、お店へ直接お問い合わせください。

ワンプレートの主役は、旨味が詰まったキーマカレー【Shiro cafe/塙町】

▲「キーマカレープレート」(コーヒー付き)・・・1,100円(税込)

独自にブレンドしたスパイスと、たっぷりの野菜を一緒にじっくり煮込んで作ったShiro cafe特製のキーマカレー。
常陸牛とハーブ豚のひき肉は、臭みがなく凝縮された旨味が特徴!お肉が得意ではないスタッフさんでも、これなら食べられるのだそう!
ルウそのままでももちろん、自家栽培のお米にかけて、手作りパンにつけて・・・。お好きなように味わってみて!
新鮮な野菜サラダもあり、大満足のワンプレートです♪食後にはコーヒーでほっと一息。

大きな窓から差し込む光に癒される!

▲店内の様子

木目調でほっこり落ち着く空気が漂う店内は、大きな窓が印象的!天気のいい日にガラッと開ければ、気持ちのいい風が入り込みます。
そんなShiro cafeのある塙町は福島県南部。隣接の棚倉町、鮫川村、矢祭町と合わせて東白川郡と呼ばれています。里山ならではの、静かで自然豊かな風景がステキなんです!この夏は、自然の中でのびのび過ごしてみませんか?その際のランチはぜひ、Shiro cafeでどうぞ★

\クチコミ!/

  • 女性 ここゆ さん  (石川郡古殿町/30代)

    11時30分のオープン直後に伺いましたが、すぐにテラス席まで満席に。 お店に置いてある家具や雑貨がシンプルながらもおしゃれで、お店の方の接客も丁寧で素敵な雰囲気でした。 きまぐれプレートを注文。セットのパンがもちもちで美味しかったです。 (投稿:2020/02/16  掲載:2020/02/19)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

Shiro cafe

住所 〒963-5536 東白川郡塙町川上字堀ノ内168
電話番号 0247-57-8311
営業時間

11:30~17:30

L.O 17:00

店休日

月、火、水曜日

基本情報へ

みんなで食べるとよりおいしい!【with curry/郡山市中町】

▲「2種あいがけプレート」イートイン/テイクアウト・・・1,000円(税別)

2020年8月20日、郡山市にあるうすい百貨店の地下1階に、with curryがオープン!福島県産食材を積極的に使用したカレーの専門店です。
メインのメニューは3種類。「伊達鶏のバターチキンカレー」は、ジューシーな鶏肉がゴロゴロ入っています。優しい甘味で小さなお子さんでも食べやすい!ピリッと辛味もある「福島県産健育美味豚のココナッツドライキーマ」は、旬の野菜もたっぷり使用。取材時は、刻んだレンコンの食感が楽しい一品でした!「福島牛の欧風ビーフカレー」は、牛のとろとろ食感がたまらない!じっくり煮込んだ野菜や果実の旨味も感じられます。
それぞれ単品はもちろん、なんとあいがけもOK!ぜいたくに味わうのがオススメです!

▲with curry店長 吉川 みゆきさん

店長の吉川みゆきさんは、カレー愛にあふれた方。なんでも、スリランカやインドで暮らしていた経験を経て、カレーのトリコになったのだそう!「毎日食べていたら、冷え性が改善されたり代謝が良くなったり、体質が変わったのが分かりました」とのこと。日本とはまた違い、いろんな食材をスパイスでじっくり煮た本場のカレーに、体が喜んでいたんですね!
また、吉川さんは「福島県のおいしい食材も積極的に広めていきたい」と話してくれました。with curryでは”郡山ブランド野菜”を使ったサラダも食べられるので、こちらも要チェックです!

インスタグラムを通して、スタッフとライブ会食!?

お店のコンセプトは「あなたを家で一人にさせないカレー屋さん」。仕事帰りにご飯を買って、お家で1人で食べるときはありませんか?どんなにおいしいお料理でも、1人で食べるより誰かと食べたほうがおいしいはず!そんな思いからwith curryでは、毎日20時からインスタグラムのライブ配信を実施!画面越しに、スタッフと色々話しながら一緒にカレーを食べることができるのです★
店長の吉川さんやスタッフさんをはじめ、さまざまなゲストの方が登場。画面越しでお話しながら、カレーをおいしく楽しく食べましょう!

with curry (ウィズカレー) [ニューオープン]

住所 〒963-8004 郡山市中町13-1 うすい百貨店 地下1階
営業時間

10:00~19:00

店休日

無休

基本情報へ

福島市ならではの看板「カレーうどん」!【むろうどん製麺所/福島市北矢野目】

▲「妻に教えたくなるカレーうどん(むろうどん)」968円/唐辛子麺の場合 1,078円/”アトカラ”の追加 66円/追いメシ(小ライス) 66円  (いずれも税込)

名前がユニークなカレーうどん。最大の特徴は、スープに福島県産のモモを使っていることなんです!
「お店の看板メニューに、福島市ならではの一品を作りたい」と店主の佐藤寛(さとう・ひろし)さんが注目したのが、モモでした。果物を栽培するにあたり、成長過程で余分な実を摘み取る”摘果”という作業があります。その摘み取られ廃棄されてしまう小さなモモを使い、このカレーうどんを開発したのだそう!
ミキサーで細かくしたモモを出汁やスパイスと合わせ、特製のカレールウに。ピリッと辛味もありつつ、モモの甘味や酸味が溶け込み深い味わい。後味はすっきりとしています!
また、こちらのお店では生麺を使用。茹でたてもちもちの食感も一緒に楽しんで。スタンダードなむろうどんのほか、白河産唐辛子を練り込んだ”唐辛子麺”バージョンも!味変ができるスパイス「アトカラ」などもあり、「辛いけどうまい!」を堪能できる一杯となっています。

妻だけでなく、いろんな人に教えたくなる!?

▲店内の様子

さて、ユニークなメニュー名ですが、お客様に由来していました。お店は福島市の中央卸売市場内にあり、そこで働く男性も多くいらっしゃるのだそう。「お昼にこのカレーうどんを食べ、家に帰って奥さんに話して休日に夫婦そろって食べに来てほしい」という思いが込められているんです。おいしさはもちろん、モモを使った珍しさは、たしかに人に教えたくなっちゃうかも!ぜひ一度ご賞味ください♪

\クチコミ!/

  • 男性 柏餅 さん  (福島市/30代)

    お昼によく利用しています。コシがあってもっちりした麺がうまい!さすが製麺所の生麺だな、と思います。茹で時間はかかりますが、待っただけおいしさも倍増する感じです。 (投稿:2020/07/22  掲載:2020/08/14)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

むろうどん製麺所 お福さんのひっぱりうどん

住所 〒960-0113 福島市北矢野目樋越1番地 福島中央卸売市場内
電話番号 024-563-4997
営業時間

07:00~14:00

店休日

水、日曜日、祝日

そのほか、市場休場日に準ずる

基本情報へ

スパイスたっぷり!芦ノ牧温泉の名物カレー【DECCORA/会津若松市】

▲「会津芦ノ牧温泉カレー」・・・900円(税込) サラダバー付き

2年間の試行錯誤から生まれました!30種類のスパイスを調合したルウは、香りからもう食欲をそそる!一口食べれば甘味、酸味、辛味など複雑な味わいが重なり合い、口いっぱいに広がります。カレー風味の手羽元も、柔らかくジューシー。スプーンを持つ手が止まらない、芦ノ牧温泉の名物カレーです!

芦ノ牧温泉を楽しんだら・・・

▲店内の様子

DECCORAは、会津芦ノ牧温泉街にあるお食事処。今回ご紹介したカレーの他、ソースカツ丼やカレー焼きそばなどの会津名物グルメもたくさんあります!デザートには、会津山塩を使ったプリンがオススメ。
温泉を楽しみつつ、会津ならではのお食事もでっこら(”会津弁でいっぱい”)味わって!

\クチコミ!/

  • 女性 なめこ さん  (郡山市/40代)

    大川荘プロデュースのお店。ウッディーな店内でテーブル配置がゆったり。スパイシーで複雑な味のカレーは、旨味が凄い。相棒が食べたサクとろソースカツ丼は軟骨部位を使っているため、まさに「サクッ、トロッ、ジュワー」今まで味わった事のない食感です。山塩プリンの濃厚さも堪らなく美味しかった。ここ目当てにまた行きたい! (投稿:2018/09/28  掲載:2019/11/15)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

DECCORA

住所 〒969-5147 会津若松市大戸町大字芦ノ牧下夕平1130
電話番号 0242-92-3520
営業時間

11:00~15:00

L.O 14:30

店休日

無休

※年に2、3日程度休業日あり

基本情報へ

米もルウもベリーが主役!【ピコブルーベリー農園/いわき市大久町】

▲「ベリーカレー」・・・880円 /ドリンク付き 1,100円、ドリンク・デザート付き 1,320円(いずれも税込)

米もルウも主役はベリー!農園で育てたブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーをふんだんに使っています。ジャムを混ぜ合わせたルウは果肉入り!ライスは自家栽培のお米ミルキークイーンとベリーを一緒に炊き込んでいます。意外な組み合わせですが、ほのかな甘味がありとても食べやすい!ぜひ一度ご賞味あれ!

ブルーベリーに、ジャム、お酢・・・お土産はどれにしよう!

▲テラス席の様子

大自然に囲まれた農園内にあるカフェは、テラス席も開放的!
店内には、ジャムやお酢といった商品もあるので、カフェでのお食事後は、お土産も忘れずゲットしちゃいましょう!
また、2020年から始まった「手ぶらでバーベキュー」もオススメ!食材や器材付きのセットメニューは、本当に手ぶらで楽しめちゃうお得な内容です。こちらもぜひチェックしてみてください★

\クチコミ!/

  • 女性 さくらんぼ さん  (本宮市/60代)

    晴れた日に、ブルーベリーを目当てに主人と買い物に行きました。買い物だけの予定でしたが、カレーが気になり、いただきました。辛さの中に甘みがあり、すっきりしていてとても食べやすく、美味しく食べました。自然の中にある場所で、とてものびのび過ごせましたよ。 (投稿:2020/07/22  掲載:2020/08/12)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

森の休憩所 ピコブルーベリー農園

住所 〒979-0337 いわき市大久町小久成沢61-186
電話番号 090-6251-3013
営業時間

09:00~15:00

店休日

月曜日

基本情報へ

おすすめトピック一覧へ戻る