ラーメン

ラーメン ムギコヤ

らーめん麪屋(むぎこや)

らーめん麪屋(むぎこや)

0248-21-7773

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、営業時間・店休日など変更となっている場合がございます。

ふくラボ!ラーメン特集 人気の名店、隠れた名店の主人が、自ら至極の一杯を喰う!
そしてなぜかふくラボ!も喰う!!

醤油の豊かな香りが包む、肉の旨味と確かな食感。飲食業の厳しさを知りつつ、あえて挑む覚悟の麺作り。

更新日:2020年09月14日(月)

らーめん麪屋(むぎこや)(白河市)

チャーシューメン(860円)

【麺】白河市内の製麺所から仕入れた中太の縮れ麺を使用。麺への加水率を高くし、柔らかめのもちもち食感に仕上げている。

【スープ】醤油の香ばしさと深い味わいが口いっぱいに広がる。材料は極めてシンプルで、タレにはチャーシューを煮た醤油を使い、出汁は鶏ガラを中心に、玉ネギなどを少々加えて調理。この香味野菜が、スープを飲んだ際の優しい甘味として生きている。

【チャーシュー】脂身が少ない肩ロースを使用。なるべく肉の食感を残すために煮すぎないように調理している。噛み締めると、肉の旨味がしっかり伝わってくる仕上がりだ。

【その他の具材】ネギ、煮玉子、ホウレンソウ、メンマ、なると

店主、自ら味わう。

オープンしたのは2017年。それまでは白河市近辺で1年ほどラーメン屋をやっていたそうだ。しかし修行した経験はなく、ラーメン作りは基本的に自己流なのだとか。というのも、店主のご両親は元々飲食業を営んでおり、その中で料理のイロハを自然と身に付けていったという。そんな環境で育ったこともあり、大人になってから就いた職も飲食業がほとんど。しかし、他のどの職業と同じく、飲食業も楽な仕事ではない。特に数年前に経験したあるFC店の仕事は大変だったそうだ。そういった経緯から、当時は飲食業を離れ、別な仕事に就こうかとも考えたという。その半面、いまさら新しい仕事ができるのだろうかと自分に疑念を抱く。昔から人に使われるのが嫌だったこともあり、サラリーマンをしている自分がどうしてもイメージできなかったのだ。そこで改めて、自分にはこの道しかない。やり続けようと覚悟を持った店主。飲食業でも比較的自由な発想で働けるラーメン屋を選び、腹をすえて取り組むことを決意した。一度心に決めたこと、やるからには最高に旨い一杯を作りたいと語る店主。店主が自信を込めて作る一杯を、皆さんもぜひ味わってみて欲しい。

ふくラボ!も味わう。

見た目もさることながら、醤油の香ばしい匂いが大いに食欲をそそるチャーシューメン。編集部もさっそくいただいてみた。

まずはスープを一口。醤油の味わいが口の中で瞬く間に広がっていく!味、香りともに深く濃い…と思いきや、最後に香味野菜の優しい甘味が後を引くではないか。しょっぱさと甘さが絶妙なバランスで共存するスープ。一口ずつ、じっくり味わいたくなる。
そんな醤油スープに絶妙にマッチングする麺。中太の縮れ麺は歯切れの良いもっちり食感で、スープともよく絡む。
そして脂身も少なく、極めてシンプルなチャーシュー。噛み応えも適度にあり、肉の持つ旨味がしっかり伝わってくる。

飲食の世界を渡り歩いてきた店主が手掛けるこだわりの一杯。ふくラボ!ユーザーの皆さんもぜひ一度、味わってみてはいかがだろうか。

(取材:イデオン大原)

そのほかの自慢メニュー

塩白湯らーめん (750円)

醤油だけじゃない!こちらもオススメ。

ワンタンメン (750円)

ワンタンとスープの競演をお楽しみください!

担々麺 (850円)

ライスとの相性も抜群!!

おすすめのクチコミ  (現在おすすめのクチコミは投稿されていません)

投稿募集中です

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット